合宿免許のデメリット

大型特殊免許を取得する方法には通いと合宿の2つがあると説明し、それぞれのメリットをみました。それぞれにメリットがあるようにデメリットもありますので、合宿免許のデメリットを考え、それを注意する点と置き換えて活用いただけるといいですね。合宿免許のデメリットです、短期集中型なので、講義や実技で理解したことや学んだことが定着しづらいです。

テスト勉強で言うと、一夜漬けで記憶した試験はテストが終わると忘れがちで、入試などの点数に結びつきづらいということです。ですので合宿中、その後2,3日は記憶されているのですが、すぐに忘却されます。大型特殊免許の場合、おそらく多くが仕事で使うことと思います。取得後から定期的に使うのであれば問題はありません。

毎日操作することで定着します。しかし、しばらく操作せず、免許取得数か月後に操作するとなると危険です。ベテランの人に一緒に乗車してもらうなどしてください。また、合宿免許を行っている教習所が限られます。普通自動車と違い、大型特殊を教えられる人が限られ少ないです。どこでも合宿教習が開講されているとは限らないので、注意してください。それに頻繁に開催していない可能性もあります、1年に1度や2度など場所によっては少ないです。