合宿免許のデメリット

大型特殊免許を取得する方法には通いと合宿の2つがあると説明し、それぞれのメリットをみました。それぞれにメリットがあるようにデメリットもありますので、合宿免許のデメリットを考え、それを注意する点と置き換えて活用いただけるといいですね。合宿免許のデメリットです、短期集中型なので、講義や実技で理解したことや学んだことが定着しづらいです。

テスト勉強で言うと、一夜漬けで記憶した試験はテストが終わると忘れがちで、入試などの点数に結びつきづらいということです。ですので合宿中、その後2,3日は記憶されているのですが、すぐに忘却されます。大型特殊免許の場合、おそらく多くが仕事で使うことと思います。取得後から定期的に使うのであれば問題はありません。

毎日操作することで定着します。しかし、しばらく操作せず、免許取得数か月後に操作するとなると危険です。ベテランの人に一緒に乗車してもらうなどしてください。また、合宿免許を行っている教習所が限られます。普通自動車と違い、大型特殊を教えられる人が限られ少ないです。どこでも合宿教習が開講されているとは限らないので、注意してください。それに頻繁に開催していない可能性もあります、1年に1度や2度など場所によっては少ないです。

通い免許のメリット

普通自動車免許取得方法には、通いと合宿の2つの方法があり、大型特殊免許にもその2つの方法で取得することができるとさきほど説明しました。ここでは、通いで取得するメリットを説明します。通いの場合は、まとまった休みが取れない場合、自分のペースで講義をこなすことができます。講義、実技1つ1つ丁寧にじっくりと時間をかけることができます。

講義についていけない、テストの結果が悪かった、そんな場合でも先生がしっかりサポートして、免許取得できるようなアドバイスをもらうことができます。また、実技でも間隔をあけつつも継続的に車に乗ることで、体で覚えることができます。1度体に染みついた、操作スキルなどは何年たっても覚えているもので、通いの場合は長期記憶で覚えることができるので、とても安心です。通いの場合は、教習所の先生との接点も増え、数か月単位で面倒を見てもらうことになるので、仲良くなる機会も増えます。

そこでの交流が増え情報も得ることができます。また、通いの教習所の実技で使用する道路などは、自分の馴染みの場所ですので安心して実技試験に挑むことができます。知らない道より、知っている道の方が運転しやすいのは言うまでもありません。