合宿免許のデメリット

大型特殊免許を取得する方法には通いと合宿の2つがあると説明し、それぞれのメリットをみました。それぞれにメリットがあるようにデメリットもありますので、合宿免許のデメリットを考え、それを注意する点と置き換えて活用いただけるといいですね。合宿免許のデメリットです、短期集中型なので、講義や実技で理解したことや学んだことが定着しづらいです。

テスト勉強で言うと、一夜漬けで記憶した試験はテストが終わると忘れがちで、入試などの点数に結びつきづらいということです。ですので合宿中、その後2,3日は記憶されているのですが、すぐに忘却されます。大型特殊免許の場合、おそらく多くが仕事で使うことと思います。取得後から定期的に使うのであれば問題はありません。

毎日操作することで定着します。しかし、しばらく操作せず、免許取得数か月後に操作するとなると危険です。ベテランの人に一緒に乗車してもらうなどしてください。また、合宿免許を行っている教習所が限られます。普通自動車と違い、大型特殊を教えられる人が限られ少ないです。どこでも合宿教習が開講されているとは限らないので、注意してください。それに頻繁に開催していない可能性もあります、1年に1度や2度など場所によっては少ないです。

通い免許のメリット

普通自動車免許取得方法には、通いと合宿の2つの方法があり、大型特殊免許にもその2つの方法で取得することができるとさきほど説明しました。ここでは、通いで取得するメリットを説明します。通いの場合は、まとまった休みが取れない場合、自分のペースで講義をこなすことができます。講義、実技1つ1つ丁寧にじっくりと時間をかけることができます。

講義についていけない、テストの結果が悪かった、そんな場合でも先生がしっかりサポートして、免許取得できるようなアドバイスをもらうことができます。また、実技でも間隔をあけつつも継続的に車に乗ることで、体で覚えることができます。1度体に染みついた、操作スキルなどは何年たっても覚えているもので、通いの場合は長期記憶で覚えることができるので、とても安心です。通いの場合は、教習所の先生との接点も増え、数か月単位で面倒を見てもらうことになるので、仲良くなる機会も増えます。

そこでの交流が増え情報も得ることができます。また、通いの教習所の実技で使用する道路などは、自分の馴染みの場所ですので安心して実技試験に挑むことができます。知らない道より、知っている道の方が運転しやすいのは言うまでもありません。

合宿免許のメリット

普通自動車免許取得方法に、通いと合宿の2つの方法があるのですが、大型特殊免許にもその2つの方法で取得することができます。ここでは合宿免許のメリットを説明します。合宿免許はその名の通り、短期集中を意味します。指定の期間は、朝から晩までみっちり講義や実技を学びます。その間にテストなども行われます。

ですので、通いよりはるかに、早い期間で免許取得が可能です。特に大型特殊免許は、仕事で必要という方多く早く仕事で活かすためにも合宿の取得が余儀なくされるかもしれません。次に、費用がやすくなることについて。これもメリットの1つです。短期間で行う分、教習所側の人件費が安くなるので、費用も安くできます。通い分の半分以下で免許取得できるところもあります。

合宿免許取得のメリットは、期間、費用。これにつきると言っても過言ではありません。普通自動車免許とは違い、すぐの現場で使い仕事に活かす目的がほとんどの特殊大型免許なので、期限が決まっている場合や会社から取得するように促されている方にとってみると、短期間で取得できる合宿は活用しない手はありません。また費用も安くなるので、会社としても、個人負担であっても助かります。

参考サイト【合宿免許.com

合宿免許で大型特殊免許取得

大型特殊免許とは、シャベルカー、ロードローラ、クレーン車などの特殊車両を扱うことのできる免許です。普通自動車免許と違い免許を取得したからと言って、一般道で走らせるというわけにはいかず、これらの特殊車両は、工事現場などの作業が発生する場合に必要になります。さて、ここでは、この大型特殊免許の取得方法について説明しますが、免許の取得は自動車免許と同様に教習所に通い取得する方法と、合宿免許で取得する方法があります。

通いの場合、その名の通り教習所が指定する日時の講義を順次受講していきます。合宿の場合は、教習所もしくは別の施設に規定の期間缶詰になり、その間毎日朝から晩まで講義もしくは実技を受けていきます。両者にメリットデメリットがあるので、それをここでは紹介します。メリットとデメリットを見比べ、何を取るかを考えて取得してください。

合宿のメリットは、短期間、コスト安が主です一方の通いは、安心安全、じっくりマイペースにこなすことができると言ったところでしょうか。逆にデメリットは、合宿の場合、短期間ですがまとまった休みが必要になります、その確保が社会人であれば難しいです。そして、期間中に講義、テストなどがこなされます。どこかで着いていけなくなると卒業するにもそれなりに毎日、勉強しなければいけません。一方の通のデメリットは、自分の都合で行けるものの、少しずつなので取得までに何か月もかかります。それに費用も合宿の倍近くかかります。